コンテンツにスキップ

クルカヴェチ メフメット エフェンディ トルココーヒー トルコのレギュラーコーヒー 250g

15%割引 15%割引
元の価格 ¥2,120
元の価格 ¥2,120 - 元の価格 ¥2,120
元の価格 ¥2,120
現在の価格 ¥1,802
¥1,802 - ¥1,802
現在の価格 ¥1,802

商品名:クルカヴェツィ・メフメット・エフェンディ トルココーヒー

原材料名コーヒー豆(生豆生産国:ブラジル)

金額 250g

詳細:直射日光、高温多湿を避けて保管してください。

原産地: トルコ

商品名: トルコのレギュラーコーヒー

内容量:250g

原材料名:コーヒー豆(生豆生産国:ブラジル)

保存方法:日光、高温多湿を避けて保存してください。

唯一の国名: トルコ

定義と歴史

トルココーヒーは、トルコ人によって調製および抽出技術が発明された種類のコーヒーに与えられた名前です。独特の味、泡立ち、香り、醸造技術、プレゼンテーション…言い換えれば、独自のアイデンティティと伝統を持っています。

最初のコーヒーはアラビア半島でコーヒーチェリーを煮て作られました。トルコ人によって発明された新しい方法は、コーヒーの真の風味と比類のない香りを明らかにしました。トルコ人はコーヒーをヨーロッパに紹介し、そこで長年にわたってトルココーヒーとして調製され、消費されてきました。

トルココーヒーは、中南米産の高品質のアラビカ種コーヒー豆をブレンドし、丁寧に焙煎し、非常に細かく粉砕して作られています。コーヒーは水と好みの量の砂糖と混合され、「ジェズベ」またはトルコ式コーヒーポットで調理されます。コーヒーは小さなカップで提供されます。コーヒーの粉がカップの底に沈むまで、コーヒーを提供した後、しばらく放置しておく必要があります。

他の抽出方法とは異なり、抽出中にコーヒーを沸騰させることが特に重要です。細かく挽いたコーヒーを弱火でゆっくりと沸騰させます。

力強いボディ、おいしい風味、そして長く続く香りのおかげで、湯気が立つほど熱いトルコ コーヒーは、すべてのコーヒー愛好家に間違いなく人気があります。

歴史

1543 年にイスタンブールにコーヒーが紹介されたのは、オスマン帝国のイエメン総督オズデミル・パシャでした。パシャは同国に駐在中にこの飲み物が大好きになりました。

トルコ人が発明した技術を使用してジェズベまたは「グゥム」(銅の容器)で作られたこの飲み物は、トルココーヒーとして知られるようになりました。

トルコの国民はコーヒーハウスの設立を通じてコーヒーに親しむようになりました。最初のコーヒーハウスは 1554 年にタフタカレ地区にオープンし、他のコーヒーハウスも急速に市内各地に誕生しました。コーヒーハウスとコーヒー文化はすぐにイスタンブールの社会文化に不可欠な部分となりました。人々は一日中ここに来て、本や美しい文章を読んだり、チェスやバックギャモンをしたり、詩や文学について話し合ったりしました。

コーヒーが宮殿料理だけでなく個人の家庭でも定番となると、その消費量は劇的に増加しました。生豆をフライパンで焙煎し、乳鉢で粉砕しました。その後、コーヒーはジェズベスで淹れられ、尊敬する友人たちに細心の注意を払って提供されました。

イスタンブールを通過した商人や旅行者、さらにはオスマン帝国の大使らの努力のおかげで、トルコ コーヒーの名声はすぐにヨーロッパに広がり、最終的には全世界に広がりました。

1871 年、クルカヴェツィ メフメット エフェンディは、焙煎して挽いたコーヒーを一般向けに販売した最初の会社でした。

今日、トルココーヒーは、トゥルキエだけでなく世界中でクルカヴェツィ メフメット エフェンディの代名詞となっています。

テュルク・カベシ

Customer Reviews

Based on 4 reviews
100%
(4)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
H
Hara Oksana (Kofu, JP)
Kurukahveci Mehmet Efendi Turkish Coffee

Great coffee. Soft rich taste.

O
Omer Cetinkaya (Sapporo, JP)
Tek geçer

Türk kahvesi diğer kahvelerden daha güzel

ミネ デミルカン

Always the best

宇佐美範貴 (Tokyo, JP)
コーヒー占いには必須

王道です。作るには専用の器具が必要です。

製品の比較

{"one"=>"比較する2つまたは3つのアイテムを選択します", "other"=>"選択された3つのアイテムの{{ count }}"}

比較する最初のアイテムを選択します

比較する2番目の項目を選択します

比較する3番目の項目を選択

比較